予約フォーム
    

診療日記

「さらば!男の悩み」診療日記

第31話 尋常性乾癬(じんじょうせいかんせん)にて亀頭包皮炎(包茎手術・画像あり)

尋常性乾癬(じんじようせいかんせん)は白くて厚いかさぶたがついたさまざまの大きさの赤い皮膚病変が、全身、特に頭や肘、膝、外陰部にできる炎症性角化症ですが、感染性もなく、良性ですが、なかなか治りにくい病気です。
又、アトピー性皮膚炎などの皮膚炎の患者さんの皮膚はアトピックドライスキンといって、皮膚の一番表面にある角質層が粗くもろくなっていますから皮膚炎をおこしやすいのですが、ペニスに関しても同様に包皮炎を起こす場合があります。
アトピー性皮膚炎などの皮膚炎の患者さんは包茎治療を希望されるケースが多いです。

今回ご紹介する患者さんは尋常性乾癬の患者さんですが、仮性包茎の状態で亀頭を露出させた亀頭に近い薄い包皮(内板)が包皮炎を繰り返して色素沈着を起こし茶色くなっています。



今回の来院理由は仮性包茎の治療ですが、包皮炎で包皮がカサカサになり性行為時にパートナーが痛がる事や包皮炎がひどい時には痛みがあって性行為ができないとのことでした。



包茎手術には抵抗があったが尋常性乾癬を診てもらっている先生に包茎手術を勧められて先々の事を考えて勇気をだして決断したとのことです。



包茎手術2週間後の抜糸後の状態ですが、包皮炎を起こす内板部が包茎手術により除去でき、通常時に亀頭が露出したことで、包皮炎で悩むことなく性行為が出来るようになったと思います。
その他、亀頭が露出したことや色素沈着部が切除できたことで見た目の改善、軽い炎症であればムズ痒く早漏の原因になる内板が除去できたことで早漏防止等いろいろなメリットがあった治療になったと思います。

●アドバイス
今年の夏は猛暑の為か亀頭包皮炎で来院された方が非常に多かったです。
亀頭包皮炎で性行為が満足に出来なかった人、コンジロームに感染してしまった人、ちこうが溜まり衛生面が悪いと包茎手術を希望された人、慢性的に包皮炎を起こしていた為に性行為をあきらめていた人が勇気を出して包茎手術とED治療(レビトラ処方)をされた人、軽い包皮炎で早漏ぎみの為、包茎手術を希望された人等いろいろな患者さんが来院されました。
亀頭包皮炎は100%といっても過言ではないくらい包茎の人がなる包皮の炎症です。
軽い炎症でも早漏の原因になったり、コンジロームやヘルペスの性病に感染したり、性行為時に痛みがあったり、一番困るパターンは入院や介護の状態になった時に毎日洗えなくなった場合は必ずといっていいほど亀頭包皮炎になります。包茎の状態で亀頭包皮炎になる場合は包茎手術をご検討下さい。

投稿者 東京新宿メイルクリニック

最近のブログ記事


大きな地図で見る

住所
〒169-0074
東京都新宿区北新宿1-1-17 ウィンド北新宿ビル2F(1階がサンクスさん)
最寄り駅
JR中央総武線 大久保駅南口下車
診療時間
火~金 10:00~20:00
土・日・祝 10:00~18:00
月曜休診日

お問い合わせ 詳しくはこちら