予約フォーム
    

診療日記

「さらば!男の悩み」診療日記

第20話 高年齢のピンホール真性包茎で排尿障害(画像あり)

真性包茎カントン包茎の場合は人間のみに与えられた「楽しむ為の性行為」が出来ない場合が多いのです。
なぜなら見た目等のコンプレックスもあるとは思いますが、一番敏感な亀頭が出ない状態で性行為をしているからです。
人として生まれた限りは性行為を楽しむ為に包茎手術を考えてみて下さい。

今回ご紹介する患者さんは68歳で診療日記6話10話が自分と同じ状態だったと来院されました。
同じ様に困っている人のために、写真を使って下さいという患者さんですが、元々は仮性包茎もしくはカントン包茎の状態で皮を引っ張れば亀頭を出すことも出来たし、時々は亀頭を出して洗ってはいたがヒリヒリとして痛かった為に洗わなくなってしまったとの事です。
その後、皮を引っ張っても亀頭が出ない真性包茎になっていたと。
来院したキッカケはどんどん包皮口が狭くなり尿が出にくくなって心配となり清水の舞台から飛び降りる思いで来院されたとの事です。


ピンホール真性包茎の状態ですが、包皮口が針穴(ピンホール)しかありません。


包茎手術直後ですが、亀頭と包皮の癒着もなく亀頭が露出しましたが、亀頭に炎症があります。


左側が手術1週間後の包帯除去と半抜糸直後ですが、浮腫みがあります。
右側が手術2週間後の全抜糸直後ですが、ほぼ浮腫みは無くなりましたが、亀頭が乾いてカサカサした状態ですが、一皮剥ければ綺麗になります。
68歳で仕事もペニスも現役バリバリの尊敬できる患者さんですが、今後の性行為が楽しみになったと思います。

●アドバイス
包皮口が狭すぎて亀頭が出ない場合は真性包茎で、包皮口が狭いが亀頭が出せる場合はカントン包茎となります。
カントン包茎の場合は包皮口の大きさによって真性包茎に近いカントン包茎と仮性包茎に近いカントン包茎がありますが、仮性包茎に近いカントン包茎の場合は毎日亀頭を出して洗って下さい。
初めて亀頭を出した時は触るだけでもヒリヒリした痛みがありますが、徐々に慣れてきますよ。そのほうが手術後の亀頭の痛みがなくて楽ですよ。
(男性は誰でも初めて亀頭を出した時は、その痛みを経験していますので頑張って下さい。)
但し、入浴後は元に戻して下さい。そのままですと腫れて元に戻せなくなる可能性があります。
又、真性包茎に近いカントン包茎の場合は一度剥いてしまうとご自分では元に戻せなくなる場合がありますので注意が必要です。

投稿者 東京新宿メイルクリニック

最近のブログ記事


大きな地図で見る

住所
〒169-0074
東京都新宿区北新宿1-1-17 ウィンド北新宿ビル2F(1階がサンクスさん)
最寄り駅
JR中央総武線 大久保駅南口下車
診療時間
火~金 10:00~20:00
土・日・祝 10:00~18:00
月曜休診日

お問い合わせ 詳しくはこちら